農業イノベーションネットワーク Business x Science x Farm

お問い合わせリンク

オリザトップページへ

生産者向けオリザのソリューション

オリザは、農業経営者とともに、

Business×Science×Farm の視点で営農支援を行います。

概 要

オリザでは、消費者・利用事業者のニーズに適合した商品開発を行い、高収益アグリビジネスの事業開発に取り組んでいます。新技術のみならず、農業ネットワークの場、農業経営のノウハウを提供することで、農業経営者・新規参入希望者の方々が抱えられているお悩みを、生産面、販売面、経営面から解決いたします。

特 徴

生産・流通事業

 生産方法にまで踏み込み販売協力を行なう契約栽培事業モデルの開発
 作物別のマニュアル共有、技術研修、オンラインでの生産者会議を通した技術協力

農業用資材の共同購入

 農業用資材の共同購入サイトを運営
 メーカー直送により流通最適化を図り、生産者の調達コスト削減に協力

ネットワーク開発

 大学・研究機関、資材メーカー、流通業者、生産者を結ぶネットワークを構築
 技術、販路、資材など幅広い情報・ソリューションを共有
 就農希望者・参入検討企業、土地・設備提供者との情報交換(農業求人情報のページの公開)

生産・流通事業のご紹介

①高糖度ミニトマトの協働契約栽培事業

 技術習得から販売までをパッケージ化した協働契約栽培事業
 資材の共同購入、買取保証のサプライチェーンを通した経営支援

<個人・新規参入の事例>

栃木県 生井さんの場合

圃場面積 約47a
従業員数 5~8名(パート含む)
生産開始 2010年2月
当初の課題  新規就農をしたいがどういった農業に取り組むか決めかねている
オリザとの出会いにより  就農1年で高糖度ミニトマトの生産・出荷を開始。現在は都内の百貨店スーパー向けに定期納品を実現。

<法人参入の事例>

事例1
生産地 三重県
圃場面積 約47a
従業員数 5~8名(パート含む)
生産開始 2009年4月
その他 新規参入
事例2
生産地
岡山県
圃場面積 約30a
従業員数 3~5名(パート含む)
生産開始 2010年4月
その他  

②高収益型農業ビジネスモデルの開発

 スイートコーン/ブロッコリーでの高収益露地二毛作栽培モデル
 トマト(大玉/ミニ、水耕/ココピート)栽培モデルの開発

農業用資材の共同購入のご紹介

 生産者が農業用資材を共同購入できる場所としてオンラインショップを運営
 ミニトマト栽培用資材から露地栽培も含めた農薬・肥料、包装用資材までを取り揃え

共同購入サイトの利用方法

http://oryza.jp/にアクセスして、「会員加入」をクリック
②登録情報を確認後にHPよりメールにてご連絡を致します。
③メールが届けば、その日から農業用資材が購入できます。

利用者資格

※オリザの経営理念をご理解頂ける生産者

お問い合わせ・お申し込み

・ソリューションのお問い合わせ・お申し込みはこちらからお願いします。

お問い合わせ・お申込み